M&Aから得られる会社のメリット|買収合併も事業拡大の経営戦略

社内

海外企業提携の注意点

メンズ

成功率は10パーセント

海外企業とのM&Aには多くのメリットがあります。日本では市場の活性化が乏しい事業であっても海外では需要が拡大しているケースもあります。新規で海外に事業進出しようとする場合、数々の壁があります。法律上の問題なども乗り越えなければならないのです。当然準備に多大な時間と工数がかかることになります。M&Aを行う事でその時間を短縮させることができすぐに買収目的である事業開始を行う事ができるのです。収益を出すまでの期間を最短にすることで利益体質を向上できるメリットがあるのです。しかし現実的には、海外企業とのM&Aで成功している確率はわずか10パーセント程度になっています。この背景には、日本固有の社会文化の違いにあります。

文化や考え方の違い

日本固有の文化は相互的な信頼を重要視しており、共存することを前提に、長期間良好な関係を築くことが大事と考えています。海外企業とのM&Aを行う上でも同様に重要視する項目となっており、M&Aするメリットとしてもとらえているのです。しかし海外企業のすべてが同じ考え方をもっているとは限らないのです。外国人経営者のスキルや経営方針などに魅力を感じることは少なくないのですが、必ずしも外国の経営者が日本企業に好感を持っているとは限らないのです。有利な提携条件を出すための戦略であることもあるのです。その結果、相手側のメリットが先行してしまい、日本企業のメリットにつながらないケースも少なくないのです。そのため慎重に進める必要があるのです。

PL以外の影響も考慮

ウーマン

M&Aは最近盛んに行われています。しかし目的や目標を掲げた統合を行っているケースは少なくなっています。売上や利益だけでなく環境面などに影響することを加味して最終的にどれだけ効果があるのかを検証しなければならないのです。

More Detail

成功させるための秘訣

握手

企業間で盛んに行われているのがM&Aです。しかし失敗もありえます。そのためリスク管理をしっかりと行うとともに、投資として判断する事も大事なポイントです。また海外企業は日本企業との価値観が異なるため、難易度が高くなっています。

More Detail

計画的に事業拡大

ビル

企業が自社の事業を簡便に拡大するためにはM&Aを検討する経営者が多くいます。この手法を用いることで事業展開を容易にできるだけでなく素早く展開することができます。しかし、実際にM&Aを行う場合には注意点もあります。秘密が守れるか、仲介を依頼するのかどうかなどの点を考慮して進めていくことが必要です。

More Detail